Wicked Way Meadに関して、どのような未来を心に描いているのかをよく尋ねられます。私の目標は、ミードの工場を開設し、そのそばで小さな農場を営むことです。その農場で養蜂を行い、またミードの材料となるフルーツやハーブを栽培します。ミツバチはその農場で受粉を助けながら蜂蜜を作るのです。お客様が自然のサイクルを体験し、ミツバチについて学び、そしてその美しさに直接触れることのできる場所を目指しています。これらの写真は、私がミード作りを学ぶため、各地の工場を訪問した際に撮影したものです。私のイメージが伝わりやすいかと思います。

現在探しているもの

場所
定期的に観光客が訪れる田園地帯
土地
作物を育てられる土壌があり、またミツバチの巣箱を50個置ける広さがあること
建物
ミード工場にリノベーションできるコンクリート造りの建物で、給水・排水システムと電気設備をもつもの
人のサポート
農業、地方自治体、規則や免許に関するサポート
お金のサポート
リフォーム、建設、設備に関する資金調達のサポート
I am often asked, what is the future that I envision for Wicked Way Mead. I would like to open a fully operating mead factory, connected to a small farm and bee keeping operation. Growing fruits, herbs, to be used for mead. Bees pollinate and create honey from these crops. A focus on local and regional products. Visitors can come and enjoy this natural cycle of nature, learn about bees, they can see the beauty of it directly, experience and taste. These photos I have taken while visiting other meaderies to study operations, they help to visualize what I speak of.
Elements that I am seeking-
Location
Rural or semi-rural but with the ability to have tourist flow and regular customers.
Land
Farmable soil to support limited crops. space for up to 50 bee hives.
Structure
Existing building with cement flooring that can be renovated into a mead factory, drains, water supply, electric.
Human support
Support from managers of agriculture. local government, business development for regulations and licensing.
Financial support
Appropriate fundraising for reform, build, equipment.