ウィッケード ウェイ ミード

WICKED WAY MEAD

蜂蜜を発酵させて作られるお酒「ミード」は、太陽の光そのものと言われています。太陽の光が花を育て、その花の蜜からミツバチが蜂蜜を作るからです。ボトル1本のミードには、約30万の花の蜜が使われています。

ミツバチが花の受粉を助けることで、生態系のバランスが調えられています。ミードの風味は、大地に咲く花、その蜜を求めて飛びまわるミツバチなど、美しき自然のストーリーを伝えているかのようです。

良質な原料と蜂蜜でミードをつくる
ミステリアス、そして不思議なほど魅惑的に
これこそが
Wicked Way なのです。 Eric Bossick

MEAD

ARCANUM

Year

2019

Bottle size

375ml

Description

「アルカナム」–それは、霊薬「エリクサー」
を完成させるために、錬金術師たちが
追い求めた自然界の神秘。
北海道産の高級「菜の花はちみつ」と、
日本伝統の清酒酵母から、
神秘の蜂蜜酒が誕生しました。

PATHFINDER

Year

2020

Bottle size

375ml

Description

辻のように交わる、2種の酵母。
草原を、川を、山を旅する、4種の蜂蜜の風味。
舞い踊るように、複雑に絡み合うフレーバー。
草原の「蓮花」、草原の「菜の花」
河原の「アカシア」、山の「栃」
仏ナルボンヌ産酵母と、
日本伝統の清酒酵母をブレンド。

Release#3

Year

Fall 2020

Bottle size

375ml

Description

Release#3 Coming fall 2020

EXPLORE

The Story

ミードは地球上最も古い発酵飲料の一つです。ミード醸造のプロセス、作り手、蜂蜜、そして今後のヴィジョンについてご紹介いたします。