RING OF FIRE

¥3,630

「ボシェ」 – 1393年、フランスで
生まれた由緒あるミードレシピ

このボシェは、信州長野の
リンゴ蜂蜜を、燃え上がる
情熱のような炎で濃厚な
キャラメル状になるまで熱し、
ブルゴーニュ地方で育った
ワイン酵母による発酵、そして
マダガスカル産バニラビーンズ
によって、なめらかな甘さをもつ
ミードに仕上がりました。

I gazed into my cup with desire.
I drank it down and down,
and the saw flames rise higher.
Now it burns, burns, burns.
The Ring of Fire

在庫あり

HONEY

長野産リンゴ蜂蜜

YEAST

仏ブルゴーニュ産ワイン酵母

ALCOHOL

10%

PROFILE

スウィート, デザート・ミード

VINTAGE

2020

VOLUME

375 mL

信州長野のリンゴ蜂蜜から、情熱と魂の炎で生み出される美しいカラメル ブルゴーニュ地方のワイン酵母を加え、マダガスカル産バニラビーンズと共に完成されたボシェをお楽しみください。

テイスティングノート : 深く濃いキャラメル、バニラ、バター、焼き立てのクロワッサン、アーモンド。

Nagano apple honey caramelized to deep perfection, fermented on Burgundy wine yeast, finished with Madagascar vanilla beans.

Tasting notes.  Rich dark caramel, vanilla, butter, fresh baked croissant, almond.

I gazed into my cup with desire.
I drank it down and down,
and the saw flames rise higher.
Now it burns, burns, burns.
The Ring of Fire

「ボシェ」とは、1393年の中世フランスの書籍『メナジエ・ド・パリ』を起源に持つレシピであり、直火で煮たハチミツを中心にしたミードです。

Wicked Way Meadのボシェは、信州長野産のリンゴハチミツを、
燃え上がる情熱のような炎で濃厚なキャラメル状になるまで熱し、
ブルゴーニュワイン酵母により発酵させることでバターやアーモンドのような風味を加え、
マダガスカル産のバニラビーンズによる仕上げにより、
味わい深い滑らかなデザートスタイルのミードに仕上がっています。

濃厚さを保つため、フィルター作業は行っておりません。

Bochet is a historical recipe for mead originating in medieval France in 1393 from the book ‘Le Menagier de Paris’ in which the key ingredient is honey simmered over an open fire.

This Wicked Way Mead bochet was made by putting fire to Nagano apple honey to transform it into a dark and rich caramel like state, fermented with a Burgandy wine yeast to give notes of butter, and almond, and finished with Madagascar vanilla beans to make a silky sweet dessert style mead with complexity. Left unfiltered for full richness.

16℃〜18℃の温度にてお召し上がりください。ビターチョコやチーズケーキと良く合います。

Serving temperature 16 to 18 C.  Pairs with dark chocolate or cheesecake.